重要なドレス

デザインによってスタイル良く見せてくれます。

ウエディングドレスには様々なデザインがあります。スカートの部分はプリンセスライン、Aライン、マーメイドラインやスレンダーライン、ベルラインなどが定番です。また、上半身もビスチェタイプやオフショルダータイプ、パフスリーブやロングスリーブ、ワンショルダーなどがあります。 長い間、トレンドになっているのがプリンセスラインにビスチェタイプの組み合わせのドレスです。スカートのラインに関してはミニスカート以外は足が隠れているので問題ありませんが、上半身のデザインに関しては、うまく選べば着やせ効果やコンプレックスの部分を隠してくれる効果があります。 色々なデザインのウエディングドレスを試着して自分に合う一着を選びましょう。

ヘアアレンジでイメージは変わります。

結婚式と披露宴のイメージを変えるためにウエディングドレスは同じものを着用してもヘアースタイルやブーケを変えるというアイデアがあります。結婚式は厳粛なものなので、ベールの下のヘアスタイルもシンプルにまとめる人が多いのです。しかし披露宴ではベールを身につけない場合も多く、結婚式とは違うイメージで臨みたい場合にはヘアースタイルなどを変えることをお勧めします。髪につけるティアラやお花を変えるだけでも全体のイメージはかなり変わります。お色直しを少なくしたとしても、結婚式と披露宴のイメージを変えることは可能なのです。 節約するためにお色直しを少なくすることがトレンドになっていますがヘアスタイルなどのアレンジでウエディングドレスのイメージは変わるのです。