祝福する

二次会ドレスは近年になって生み出された

結婚式で着用するドレスには女性の夢と憧れが詰まっています。一方、こうした衣装は結婚式が終れば二度と着用する事がないのが寂しいポイントです。 特にウェディングドレスは、購入した場合保管にも困る衣装ですから、近年はレンタルで用意する花嫁が7割に昇ります。 もちろん、花嫁の二次会ドレスもレンタルで準備する方々が増加していますので、より高級で質の良い二次会ドレスを選ぶためにもレンタルで探してみましょう。 結婚式において西洋式のドレスを着用する文化は戦後になって生まれたものです。 戦前の日本では神前式や和風の挙式が一般的でしたから、西洋のドレスを着用する事はありませんでした。そもそも縫製の技術自体、日本にはなかったのです。 西洋風ドレスの着用は戦後日本の「トレンド」ですから、素敵な二次会ドレスをレンタルするようにしましょう。

花嫁だからこそ考えたい事

二次会ドレスを選ぶ場合、どのような衣装を選ぶか悩ましいポイントです。 一昔前の二次会ドレスと言えば、結婚式では着用できなかった色つきのドレスを着るのが一般的でしたが、近年では二次会ドレスと言えども花嫁のトレードマークである「純白のドレス」を選ぶケースが増えています。 二次会ドレスは参列者も気合いを入れて選んで来ていますので、他の女性と花嫁を差別化するためにも、純白のドレスは欠かせない衣装なのです。 近年では二次会ドレスとして相応しいカジュアルなウェディングドレスも開発されていますので、レンタルする場合こうしたウェディングドレスを選ぶのも良いでしょう。 カジュアルなウェディングドレスは、スカート丈が短く、動きやすいものなどがあります。